新聞・雑誌等でみるロシア・CIS諸国の政治経済(愚考集)


by nekra
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ウクライナとグルジアを逃したくない。

 ロシア・サンクトペテルブルクで独立国家共同体(CIS、旧ソ連12カ国)の非公式首脳会議が開かれた。NATO加盟や未承認国家問題などで懸念事項を抱えるウクライナやグルジアなどメドヴェージェフ大統領は、各国の首脳と個別に会談した。しかし「ウクライナのユーシェンコ大統領、グルジアのサーカシビリ大統領との初会談は、協議継続で一致したものの平行線に終わった」(毎日新聞)。「CISを勢力圏としてとどめたい姿勢を鮮明にしたが、グルジアなど親欧米国にはプーチン政権同様、強硬姿勢に変化はなく亀裂が一段と広がる可能性がある」。

 ロシアは外務相傘下に「CIS問題庁」を創設したらしく、今後より一層CIS諸国に及ぼす影響は強まっていくだろう。

 ラブロフ露外相によると、ユーシェンコ大統領との会談でメドベージェフ大統領は、ウクライナのセバストポリに駐留するロシア黒海艦隊について、ウクライナが2017年に撤退を求める方針を決めたことを「一方的な行動」と非難し、97年に調印された両国間の友好協力条約に基づいて話し合いで解決するよう求めた。またウクライナのNATO加盟についても「ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟はロシアの安保を脅かす。相手の脅威となる行動を慎むという2国間条約に反する」と強くけん制した。


 サーカシビリ大統領との会談では、グルジアからの分離独立を主張するアブハジア自治共和国の問題で応酬。アブハジアを支援するロシアに対し、グルジアは欧米の支持を背景に、現地に駐留するロシア平和維持軍の撤退を求めている。 NATO加盟はアブハジア問題とは無関係と主張するグルジアに対し、メドベージェフ大統領は「新たな対立の繰り返しを生むだけだ」と反論、信頼醸成と当事者同士の対話を求めた。メドベージェフ大統領は「2国間で解決できる」とも発言。同問題にNATOなどが介入していることに不快感を示すとともにグルジアのNATO加盟は問題をさらに複雑にするだけとの認識を示した。


ロシアのグルジア分離派支援策、欧米が撤回要求
 【モスクワ=古川英治】グルジアから分離独立を主張するアブハジア自治共和国にロシアが支援を強めている問題で、欧米が介入に乗り出した。欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安全保障上級代表は5日、グルジアを訪問。北大西洋条約機構(NATO)や欧州委員会の幹部も相次ぎロシアを強く批判した。グルジアを巡る対立の構図が一段と鮮明になってきた。
 モスクワでロシアのラブロフ外相らと会談した欧州委員会のフェレロワルトナー委員(対外関係担当)は4日、「ロシアの行動は地域情勢を不安定化させる」と発言。NATOのデホープスヘッフェル事務総長も3日、ロシアがアブハジアで鉄道修復に乗り出したことについて「グルジアの主権と領土保全に対する違反行為だ」とする非難声明を発表した。

 毎日新聞 2008年6月6日 22時10分 (最終更新 6月6日 23時28分)
 日本経済新聞 - 2008年6月5日
[PR]
by nekra | 2008-06-09 11:26 | ロシアと近隣諸国