新聞・雑誌等でみるロシア・CIS諸国の政治経済(愚考集)


by nekra
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ロシアと近隣諸国( 3 )

 ロシア・サンクトペテルブルクで独立国家共同体(CIS、旧ソ連12カ国)の非公式首脳会議が開かれた。NATO加盟や未承認国家問題などで懸念事項を抱えるウクライナやグルジアなどメドヴェージェフ大統領は、各国の首脳と個別に会談した。しかし「ウクライナのユーシェンコ大統領、グルジアのサーカシビリ大統領との初会談は、協議継続で一致したものの平行線に終わった」(毎日新聞)。「CISを勢力圏としてとどめたい姿勢を鮮明にしたが、グルジアなど親欧米国にはプーチン政権同様、強硬姿勢に変化はなく亀裂が一段と広がる可能性がある」。

 ロシアは外務相傘下に「CIS問題庁」を創設したらしく、今後より一層CIS諸国に及ぼす影響は強まっていくだろう。

 ラブロフ露外相によると、ユーシェンコ大統領との会談でメドベージェフ大統領は、ウクライナのセバストポリに駐留するロシア黒海艦隊について、ウクライナが2017年に撤退を求める方針を決めたことを「一方的な行動」と非難し、97年に調印された両国間の友好協力条約に基づいて話し合いで解決するよう求めた。またウクライナのNATO加盟についても「ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟はロシアの安保を脅かす。相手の脅威となる行動を慎むという2国間条約に反する」と強くけん制した。


 サーカシビリ大統領との会談では、グルジアからの分離独立を主張するアブハジア自治共和国の問題で応酬。アブハジアを支援するロシアに対し、グルジアは欧米の支持を背景に、現地に駐留するロシア平和維持軍の撤退を求めている。 NATO加盟はアブハジア問題とは無関係と主張するグルジアに対し、メドベージェフ大統領は「新たな対立の繰り返しを生むだけだ」と反論、信頼醸成と当事者同士の対話を求めた。メドベージェフ大統領は「2国間で解決できる」とも発言。同問題にNATOなどが介入していることに不快感を示すとともにグルジアのNATO加盟は問題をさらに複雑にするだけとの認識を示した。


ロシアのグルジア分離派支援策、欧米が撤回要求
 【モスクワ=古川英治】グルジアから分離独立を主張するアブハジア自治共和国にロシアが支援を強めている問題で、欧米が介入に乗り出した。欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安全保障上級代表は5日、グルジアを訪問。北大西洋条約機構(NATO)や欧州委員会の幹部も相次ぎロシアを強く批判した。グルジアを巡る対立の構図が一段と鮮明になってきた。
 モスクワでロシアのラブロフ外相らと会談した欧州委員会のフェレロワルトナー委員(対外関係担当)は4日、「ロシアの行動は地域情勢を不安定化させる」と発言。NATOのデホープスヘッフェル事務総長も3日、ロシアがアブハジアで鉄道修復に乗り出したことについて「グルジアの主権と領土保全に対する違反行為だ」とする非難声明を発表した。

 毎日新聞 2008年6月6日 22時10分 (最終更新 6月6日 23時28分)
 日本経済新聞 - 2008年6月5日
[PR]
by nekra | 2008-06-09 11:26 | ロシアと近隣諸国

この辺りの事情も・・・

<エネルギー輸送>ウクライナと周辺6カ国の首脳が会談 [ 05月23日 19時46分 ]

 【キエフ杉尾直哉】ウクライナと周辺6カ国の首脳が23日、キエフで「エネルギー安保」をテーマに会談、カスピ海産の石油・天然ガス資源をロシアを回避して欧州に運ぶ「バルト海―黒海―カスピ海・エネルギー輸送回廊」の創設で一致した。石油輸送ではウクライナ国内にある既存のパイプライン「オデッサ―ブロディ」を利用する計画だが、同ラインは現在、ロシアが自国産石油を黒海経由で輸出するために使っており、ロシアの反発も予想される。

 会議にはウクライナのほか▽アゼルバイジャン▽グルジア▽エストニア▽ラトビア▽リトアニア▽ポーランドの各大統領が参加。ウクライナのユーシェンコ大統領は今回の目的を「石油・ガスが政治の道具となるのを防ぐため」と述べ、ロシアの高圧的な資源外交への対抗策と指摘した。

 「オデッサ―ブロディ」は01年にウクライナが敷設。当初カスピ海沿岸などから石油を調達、それをブロディ経由で欧州に運ぶ計画だった。だが当時、石油がまったく調達できず、ロシアと契約し、04年からロシア産の石油をブロディからオデッサに運んでいる。

 ウクライナは、来年にも試験的に同ラインを使った輸送を行い、11年の本格稼動を目指す。国営石油パイプライン企業「ウクルトランスナフタ」のキリューシン会長は22日、「(契約中止の)通告をロシアに3カ月前に行えば、制裁措置などは受けない」と述べた。

 カスピ海沿岸のカザフスタンやトルクメニスタンは、現在、石油や天然ガスの輸出をロシア国内のパイプラインに依存している。ウクライナ、グルジアの主導で始まった今回の計画の実現には今後、これら資源国の協力が不可欠となる。
Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by nekra | 2008-05-27 15:38 | ロシアと近隣諸国
 グルジアとロシア、戦争状態に非常に近づいている=グルジア国務相
 [ブリュッセル 6日 ロイター] グルジア紛争地域アブハジアに対しロシアが増派を決定したことについて、グルジアのテムル・ヤコバシビリ国務相(統合問題担当)は、グルジアとロシアは戦争状態に非常に近づいている、との見方を示した。

 国務相は記者会見で「われわれは文字通り戦争を回避しなければならない」と指摘。どの程度戦争に近づいているのかとの問いに対し「非常に近い」と語った。

【私見】
 プーチン大統領が、グルジアからの独立を目指すアブハジア自治共和国と南オセチア自治州に対する協力を強めるよう政府に指示した事案。ロシア軍の関与が強く疑われるアブハジア自治共和国内での偵察機撃墜事件。ロシアが平和維持軍としてのロシア部隊を、アブハジア自治共和国に増派した事案。

 ロシア側の強硬姿勢の裏には、各種報道で言われているように、ロシアの「勢力圏」を欧米が浸食されていく危機感が表れているのかな?!例えば、先日コソボ自治州が独立を宣言し、欧米(含む日本)は一方的にこれを承認した。セルビアは旧ユーゴ時代からロシアと密接な繋がりを持っていた国のはず。
 資源価格高騰を背景に国力をつけ、国際的発言力を増したにもかかわらず、旧ソ連諸国のロシア離れはとまらない。ウクライナだってそう。それに対して欧米諸国が後押しするものだから、余計にロシアの焦燥感を刺激するんだろう。
 
 グルジアは北大西洋条約機構(NATO)加盟に積極的で、これにNATO諸国も支援している。ロシア側にすれば、グルジアが「勢力圏」を離れることは勿論、両自治区にロシア系住民が住んでいて、セルビア同様民族問題を抱えているのに、コソボ独立を容認したはずの欧米諸国はこの問題を顧みずグルジアの「仲間入り」を進め手いる。このことにロシアが腹立たしく感じるのは理解できる。だって独立を支持した欧米諸国のいう論理ならば、両自治区は独立しても構わないからだ。
 
 でも、勢力圏の考えをもとにすれば、ロシアは本来、グルジアそのものをロシア圏に戻したいと考えているんじゃないかな。でも、現在のサーカシビリ政権のロシア離れは彼の公約を見ても明白だから事態は簡単には好転しない。だから、ロシアが両自治区の独立支援をちらつかせることで、何とか事態の打開を考えているのだろう。この問題については、ロシアは単純にグルジアだけを念頭に行動しているわけじゃないだろうな。


 ただ外交というのは相手の出方次第だし、メドヴェージェフ=プーチン双頭体制になってどうかわるかは分からない。最近ロシア大統領府と仲が良くないって言われる軍が何か、しでかすかもしれない。
 「5月21日のグルジア議会選挙に向け、サーカシビリ政権が「領土保全」の訴えを強め、ロシアを刺激する可能性が高い[毎日新聞 2008年4月27日]」(1)なんて言われているし、ロシア外務省のケニャイキン独立国家共同体(CIS)問題担当特使は25日、「グルジアが軍事作戦を近く開始する可能性を否定できない」と指摘。「攻撃があった場合、同胞(アブハジア住民)を守るために武力で対抗せざるを得ない」と警告した[モスクワ25日AFP=時事](2)て言うし、そんな具合にどんどん双方の発言がエスカレートしていることも気になるところ。


(1) http://mainichi.jp/select/world/news/20080427k0000m030114000c.html
(2) http://friends.excite.co.jp/News/world/20080427021800/20080427M30.114.html
[PR]
by nekra | 2008-05-07 11:32 | ロシアと近隣諸国